ティムバートン作品のような個性豊かなカジノ種類

世の中には、独特な世界観を持つ映画監督が数多く存在する。
その中でも世界的に個性派として有名なのが、ティムバートンだ。
映画に詳しくない場合でもその名前を聞いたことがあるという人がほとんどだろう。

個性のある映画監督は他にもたくさんいるが、中でもティムバートンの作る世界観は不思議で幻想的な一線が広がるものばかりだ。
映画監督としてだけではなく、アーティストとしても世界中で人気があり、各地でも個展が開かれている。

ティムバートンの代表作と言えば、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「シザーハンズ」、「バットマン」などがあげられる。
どれも、そこらの人では表現できないダークでマニアックな世界観にどっぷりハマれる作品だ。

その他にも有名どころをあげるとすると「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」などキリがない。ティムバートンの長編デビュー作である「ピーウィーの大冒険」など、この辺りはダークな世界観とはまた一味違った、カラフルでちょっぴり独の利いた物語が魅力的だ。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」や「ビッグ・アイズ」など、ついつい背筋がブルっと震えてしまうような作品にも注目したい。

あらためてティムバートンが手掛けた作品を陳列してみると、とにかく個性が溢れるものばかりだ。

そんなティムバートンの世界観と同じように、カジノにもたくさんのゲームがあり、色鮮やかな世界観が広がっている。

カジノ種類と言えば、こちらのページの上部に紹介があるように、スロットやルーレット、ブラックジャック、バカラ、ポーカーなどが有名だ。

しかしカジノ種類はこれだけではなく、もっとマイナーで世界観のある個性的なゲームも存在する。

カードゲームで言えばブラックジャックなどが有名だが少し複雑なゲーム内容が特徴的だ。そんな複雑的なものから、どちらの数字が大きいのかを当てるだけのシンプルなドラゴンタイガーのようなゲームもある。(興味のある方は、ドラゴンタイガーの詳しい解説へ。)

その他にも、クラップス、プントバンコ、ホールデムポーカーなど人気のあるゲームから、キノ、レッドドッグ、パイゴウなどマイナーなゲームまでとにかく多種多様だ。

映画にもたくさんの個性があるように、カジノの種類にもこんなにたくさんの個性がある。

たくさんのカジノに触れて、自分に合ったゲームを見つけてみると、もっとカジノの世界観が楽しめるのかもしれない。