ティムバートン作品のような個性豊かなカジノ種類

世の中には、独特な世界観を持つ映画監督が数多く存在する。 その中でも世界的に個性派として有名なのが、ティムバートンだ。 映画に詳しくない場合でもその名前を聞いたことがあるという人がほとんどだろう。 個性のある映画監督は他にもたくさんいるが、中でもティムバートンの作る世界観は不思議で幻想的な一線が広がるものばかりだ。 映画監督としてだけではなく、アーティストとしても世界中で人気があり、各地でも個展が開かれている。 ティムバートンの代表作と言えば、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「シザーハンズ」、「バットマン」などがあげられる。 どれも、そこらの人では表現できないダークでマニアックな世界観にどっぷりハマれる作品だ。 その他にも有名どころをあげるとすると「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」などキリがない。ティムバートンの長編デビュー作である「ピーウィーの大冒険」など、この辺りはダークな世界観とはまた一味違った、カラフルでちょっぴり独の利いた物語が魅力的だ。 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」や「ビッグ・アイズ」など、ついつい背筋がブルっと震えてしまうような作品にも注目したい。 あらためてティムバートンが手掛けた作品を陳列してみると、とにかく個性が溢れるものばかりだ。 そんなティムバートンの世界観と同じように、カジノにもたくさんのゲームがあり、色鮮やかな世界観が広がっている。 カジノ種類と言えば、こちらのページの上部に紹介があるように、スロットやルーレット、ブラックジャック、バカラ、ポーカーなどが有名だ。 しかしカジノ種類はこれだけではなく、もっとマイナーで世界観のある個性的なゲームも存在する。 カードゲームで言えばブラックジャックなどが有名だが少し複雑なゲーム内容が特徴的だ。そんな複雑的なものから、どちらの数字が大きいのかを当てるだけのシンプルなドラゴンタイガーのようなゲームもある。(興味のある方は、ドラゴンタイガーの詳しい解説へ。) その他にも、クラップス、プントバンコ、ホールデムポーカーなど人気のあるゲームから、キノ、レッドドッグ、パイゴウなどマイナーなゲームまでとにかく多種多様だ。 映画にもたくさんの個性があるように、カジノの種類にもこんなにたくさんの個性がある。 たくさんのカジノに触れて、自分に合ったゲームを見つけてみると、もっとカジノの世界観が楽しめるのかもしれない。

Continue Reading →

必見!稼ぎたいならこれだ!ティム・バートン監督のアリス・イン・ワンダーランドのオンラインカジノで稼げ!

ティム・バートン監督の作品といえば、アリス・イン・ワンダーランドだ。19歳になった不思議の国のアリスことアリス・キングスレーが不思議の国で赤の女王に立ち向かう話を、実写とCGを巧みに組み合わせた迫力のある映像を発表したパイオニア的傑作だ。今ではCGも実写もありふれたものになったが、2010年当時は驚愕しかなく、多くの面で他の製作者に影響を与えた作品だった。まさに鬼才だ。ほとんど誰も知らなかったミア・ワシコウスカを抜擢してその美貌がスクリーンから溢れ出して、その周りをジョニーデップのマッドハッターや、ヘレナ・ボナム=カーターらのベテランが固めたので安定感と新鮮さが心地よい作品だ。この作品で白の女王を務めたアン・ハサウェイの妖艶な演技でファンになった人も多い。 この作品の人気がそのままスクリーンを飛び出してエンターテイメントになったのが「アリスとおかしなお茶会(Alice and the Mad Tea Party)」というオンラインスロットである。Alice and the Mad Tea PartyはAshgamingが開発したスロットで、30ペイラインと7つのボーナスフィーチャーのある魔法とエンターテイメントに包まれたスロットだ。実際にボーナスがどんなものかというと、マッドハッターがティーカップを選ばせてくれるのだが、そこにはダイヤモンド、白ウサギ、マフィンが表示される。それぞれ2ばいから10倍のマルチプライヤーが設定されているというもので、アリス・イン・ワンダーランドの世界観がそのまま楽しめるので、映画が好きな人なら間違いなく楽しめるだろう。もちろん女王も、チェシャ猫もボーナスフィーチャーの一つとして登場するので要チェックだ。 このAlice and the Mad Tea Partyをプレイして見たい人は、CasinoSecret(カジノシークレット)で遊べる。 カジノシークレットは2018年1月からサービスを開始した新しいオンラインカジノだ。マルタでライセンスを受けた合法的なオンラインカジノなので安心して遊べる。実はこのカジノシークレットはもともと大人気オンラインカジノであるベラジョンカジノを運営していたメンバーが立ち上げたカジノ。そのため随所にエキスパートの彼ららしい試みが見える。 ざっくり概要を説明すると、ゲームプロバイダはmicrogaming…

Continue Reading →

ティム・バートン『猿の惑星: 聖戦記』がカジノスロットになった!

フランクリン・J・シャフナー監督が1968年に公開した猿の惑星。 シリーズは大ヒットし、ティム・バートンが2001年に大胆な発想のもと「PLANET OF THE APES/猿の惑星」を公開して話題に。 そして、2011年と2014年にそれぞれ封切られた「猿の惑星:創成記」「猿の惑星:新世紀」へと続き、2017年10月には最新の「猿の惑星:聖戦記」が公開されました。 50年近い歴史を誇る猿の惑星シリーズが、今度は「スロットPLANET OF THE APES」として、オンラインカジノのカジノスロットゲームとして、カジノ企業のNETENTから登場しました。 今回、オンラインスロットの題材となったのは、先述の「猿の惑星:創世記」と「猿の惑星:新世紀」です。 ギャンブルのプレイヤーは、「創世記のスロット」と「新世紀のスロット」のどちらをプレイするのかを選ぶのでしょうか。いいえ、そうではありません。 実は画面の右側が「DAWNスロット」と呼ばれる「新世紀」を題材にしたスロット、左側が「RISEスロット」と言われる「創世記」をモチーフにしたスロットとなっているのです。 プレイヤーは2つのスロットを1つのモニターで同時にプレイすることになります。 ちなみに、DAWNスロットとRISEスロットでは、ボーナス仕様が異なりますので、オンラインスロットとしての楽しさは単純に倍以上になっていると言っても過言ではないはずです。もちろん、その両者が絡み合う白熱の演出やボーナスもあります。 創世記と新世紀のそれぞれのキャラクターが登場する上、BGMとしても映画の音楽をサウンドトラックから採用。映画のワンシーンを再現するようなアニメ演出も豊富です。 猿の惑星が好きなら、特に創世記と新世紀を観たことがある方であれば、必ず楽しめることでしょう。 もちろん、オンラインギャンブルのカジノスロットとしても非常にユニークなゲーム性になっていますので、猿の惑星を観たことがないカジノファンにもおすすめです。スロットをプレイすることで映画の方も観たくなるかもしれません。 さて、実は猿の惑星の原作小説が1963年に出版されているということをご存知でしょうか。 作者のピエール・ブールもまさか自身の作品が55年近くも経ってから、ネットカジノでオンラインスロット化するなど思ってもみなかったことでしょう。もしかしたら、猿の惑星のカジノスロットの続編が出ることも今後あるかもしれません。…

Continue Reading →